PATPOST企業向けロゴ.png                                                                                                                                                                          ORIXロゴ.png
PATPOST企業向けロゴ.png                       ORIXロゴ.png
お役立ち資料ダウンロード

お役立ち資料ダウンロード

0006wp_top_pics.png

教えます!電子帳簿保存法対応の実務対応マニュアル
【無料テンプレート付き】

資料イメージ

0006wp_eyecatch.png

概要

2023年内に改正電子帳簿保存法の宥恕(ゆうじょ)措置が終了するため、多くの企業が電子帳簿保存法の対応を進めていますが、他社の参考事例も少なく、業務への影響範囲も広いことから、「どのように準備を進めればよいかわからない」という方も多いと思います。

本資料は、電子帳簿保存法の対応をスムーズに進めるための実務対応マニュアルとなります。
法対応する際の注意点や進める順序なども理解できますのでご活用ください。

本資料で分かること

・電子帳簿保存法(電子取引データ保存)対応の進め方の順序
・法対応プロジェクト管理と必要なステップ ※管理シートのテンプレート付き
・社内調査方法と調査項目 ※調査票のテンプレート付き
・法対応システムを導入しない場合の対応方法例
・社内の業務フローイメージ例3パターンと注意点

こんな方におすすめ

・電子帳簿保存法への対応を進めたいが何から進めたらいいか不安
・法対応についてやるべきことと期限を把握したい
・どのような対応方法があるのか知りたい
・システムを導入しないで対応する方法を知りたい
・システムの導入を検討する際の検討軸を知りたい

電子帳簿保存法について

2024年1月1日より電子取引データのデータ保存が全ての事業者に義務化されます。 これにより、電子的に受け取った請求書、領収書、見積書などを電子データのまま保存することが義務付けられました。
また、保存の際に一定の要件を満たす必要があり、社内理解の促進や業務フローの整備が必要な法対応となります。

電子帳簿保存法について詳しく知りたい方はこちら

電子帳簿保存法対応システムの比較をしたい方はこちら

ダウンロードのお申し込みはこちら


#電子帳簿保存法
PATPOST背景無し.png

縦棒.png
縦棒.png
縦棒.png
縦棒.png
0006wp_top_pics.png